リンク:エフェクター使用アーティスト一覧

メーカー

系統

EFFECTORPRESS BLOG

Strymon  FLINT

トレモロとリバーブの魅惑的な組み合わせは、ギター・エフェクターの創世記を飾るに理想的なコンビネーションでした。これらのエフェクターは1960年代のアンプに初めて搭載され、この耳に快い組み合わせは初期のサーフ・ミュージックを筆頭に、アメリカ南部のブルース、マカロニ・ウェスタン、フィルムノアールのサウンドトラック、近代インディーズ・ロックなど、数え切れない数のレコードやライブに彩りを添えました。
我々はその歴史を知り、このコンビネーションをスタジオ・クオリティーのエフェクターとして忠実に再現することを決意しました。気に入ったクラシックのトレモロやリバーブ回路の複雑な音の特性やトーンの相互交錯を調査し、細部まで私たちのアルゴリズムに拘り、作成しました。FLINTはSHARC DSPの演算力を最大限用いて、真のディテールまで再現しています。

メーカー名 Strymon
機種名 FLINT
エフェクタータイプ モジュレーション
使用アーティスト
みんなの評価

エフェクターを評価! 

☆☆☆☆☆
このエントリーをはてなブックマークに追加

COMMENTS

このエフェクターのいいところ、ユーザーに対する質問やアドバイスなど、気軽にコメントしてください。
※ユーザー名未記入の場合「通りすがり」が入力されます。

ユーザー名
メールアドレス(任意)
ホームページURL(任意)

投稿

RELATED VIDEOS!

RELATED EFFECTORS!

M101 Phase 90

Electric Blue Chorus

FX64 Ice Box

Roto Vibe

PT9Pro+

Boost Chorus

Liquid Sky

MICRO VIBE

COMMENTS

このエントリーをはてなブックマークに追加
並び順を変更
ボタン:新着順に並び替え
ボタン:価格順に並び替え
ボタン:人気順に並び替え