会員登録
エフェクター画像 JHS Pedals Panther Cub

JHS Pedals "Panther Cub"

Rating
★★★★★
(レビューを書く)

JHS Pedals Panther Cubは、人気のアナログディレイペダル、Panther Analog Delayを元に、その機能を受け継ぎながらさらなる改良を行い、同時にほぼ不可能だと考えられていた小型化も実現した新たなアナログディレイです。本物のバケットブリッジ(BBD)を用いたアナログディレイで、様々なスタイルやプレイヤーをカバーできる幅広いトーンオプションを搭載しています。
Panther Cubは、タップテンポコントロールに対応した、1000ミリセカンドのディレイタイムを持つ革新的なアナログディレイです。エフェクトループにより、ディレイ音にのみ好きなエフェクトをかけることもでき、さらに4モードのRatioコントロールによってタップテンポ入力と実際に設定されるディレイタイムの割合を調整できます。タップテンポ入力を4分音符として、出力されるディレイタイムを4分音符、8分音符、付点8分音符、3連符から設定できます。
また、モジュレーションを搭載し、有名なヴィンテージDeluxe Memory Manタイプのヴァイブやコーラスサウンドをかけられます。タップテンポによるディレイタイム設定中もモジュレーションは完璧に動作します。モジュレーションをOFFにすることもできます。
内部のRoarスイッチにより、発振のしやすさを切り替えられます。また、エクスプレッションペダル端子を装備しており、外部コントロールによって好きなノブのコントロールが可能です。また、内部の切り替えスイッチにより、エクスプレッションペダル端子をタップテンポの入出力端子として使うことが出来ます。外部フットスイッチ等からタップテンポを設定したり、Panther Cubで設定したタップテンポを出力して外部機器と同期させることができます。

タップテンポスイッチを3秒間ホールドすると、Tap LEDが消灯し、プログラムモードへと入ります。プログラムモードでは、エクスプレッションペダルにアサインするノブを設定することができます。プログラムモード中に動かしたノブが全てエクスプレッションペダルにアサインされるので、ペダルの動作により複数のパラメータを操作することができます。もう1度タップテンポスイッチを押せば、プログラムモードを終了します。

Share on SNS
ツイートする