会員登録

Boot-Leg/COMP-DX CPX-1.0使用レビュー

エフェクター紹介

YASAIはライブハウスでいい音だな〜と思ったベーシストに
ライブ後、音作りについてよく話を聞きに行きます。

去年末に出会ったベースの方もええ音していまして、どんな音作りしてるんやろと
聞いてみると足元はコンプ一個だけ。後はアンプで歪ませるとのこと。
え〜〜そんなシンプルな設定なのかと驚き
それ以来ずっと気になっていたBoot-LegのCOMP-DX CPX-1.0、ついに先日購入しました。

Boot-Leg/COMP-DX CPX-1.0

コンプレッサー。「一般的な解釈だと入力音を均一化してサスティーンを得る道具。また、できるだけサウンドに変化をもたさない。」…少し寂しくないですか?
そんな「コンプレッサー」という地味なイメージを一掃し、積極的なサウンドメイキングを実現するのが「COMP-DX CPX-1.0」なのです。コンプレッサーが手放せないベーシストにも断然お奨めです。
かかりを深くしてもしっかり「音全体」を前へ押し出し、埋もれることなくクリーンな太いサウンドを提供します。縁の下のコンプから積極的なサウンドメイキングの時代へ。普段コンプレッサーを敬遠しがちなプレイヤーにも胸を張ってお勧めできるのが「COMP-DX CPX-1.0」です。

Boot-Leg(ブートレッグ)はギター、ベース用エフェクターを手掛ける日本のメーカーです。
歪み系のエフェクターを中心にカラフルなデザインでの個性的なアイテムをリリースしています。
今回紹介するエフェクターはBoot-Legから出たコンプレッサー、COMP-DX CPX-1.0です。

まず見た目ですが、目を引くオレンジ色に紫色で書かれたロゴとCOMP-DXの文字がなんとも無骨でいいです。今までお迎えする機体が鮮やかな色が多いため、ひとつ増える度に足元がカラフルになっており良い感じ。

コンプレッサーはつまみの数が多く細かく設定しないといけないイメージがありますが、
このコンプレッサーはつまみの数が「LEVEL」、「COMP」の2つとシンプルで操作し易いです。
「COMP」でアタック感、コンプレッション量を任意にコントロールし、「LEVEL」で音量の調節ができます。

音色ですが、実際にスタジオに入ってベースで弾いてみるととても気持ちいい音でした!
粒立ちを揃えるリミット効果だけでなくアタックをしぼり出すアタックブーストの効果か、
音の立ち上がりがはっきりと感じれ、以前よりも立体感が増しました
イメージで言うと緩く薄かった音が、太く硬くなった感じ。
今までは低音がボワッと広がり輪郭が薄いことに悩んでいたため、この変化にはすごく感動しました。
しかも、しっかりと低音の揺らぎは残しつつ芯はしっかり鳴るのでほんとちょうどいいです。
歪み系を挟んで弾いてみると、今までよりも少しマイルドで全体に馴染みやすそうな歪み音に変化してくれました。

まとめ

使い勝手が良すぎたため即レギュラー入りを果たしたBoot-LegのCOMP-DX CPX-1.0。
これから使い込んでいくのが楽しみです。

Archive

Latest Entries

BOSSのコンパクトエフェクター
メーカー紹介
Boot-Leg/COMP-DX CPX-1.0使用レビュー
エフェクター紹介
次世代のギターヒーロー!AssH特集!
アーティスト特集
ベースの音作りにこだわりたい!ベース用コンプレッサーの使い方
エフェクター入門
日本のおすすめサイケバンドをご紹介!
アーティスト特集