会員登録

BOSSのコンパクトエフェクター

メーカー紹介

BOSSはローランドのグループ会社であり、
世界初のコンパクトエフェクターとして発売されたオーバードライブ「OD-1」を発表して以降、
数多くの名機を発表してきた日本を代表するエフェクターブランドです。

エフェクターの定番メーカーであるBOSS、一度は使ったことのある人も多いのでは?
そこで、今回はBOSSのエフェクター愛用者であるAさんにその魅力を聞いてみようと思います。

なぜBOSSのエフェクターを集めるのか

まずは持っているエフェクターを並べてもらいました!


ほぼBOSSです…!!わくわくしてきました!!

なぜBOSSのエフェクターを集めているのかと尋ねると、
コンパクトで持ち運びやすく、踏みやすい形、どれも基本的な音で扱いやすい為とのこと。
確かに理に適った形状で、つまみもある程度統一化されており、扱いやすそうです。

では実際に、普段使用する組み合わせについて聞いてみましょう。

おすすめの組み合わせ その1

普段のライブでは全部を繋げて使用するのではなく、
必要なものだけをその時ごとに選んで使用しているそうです。

まず紹介していただいた組み合わせが「Combo Drive BC-2」と「OverDrive OD-3」!

どちらも歪み系のエフェクターでこの2個使いは意外でした!
左の茶色い「Combo Drive BC-2」はブリティッシュコンボアンプ、VOX系アンプを再現したドライブペダルで、
右の黄色はオーバードライブの名機OD-1を受け継いだ「OverDrive OD-3」です。

OD-3で少し歪ませて基本となる通常時の音を作り、
BC-2はギターソロなど目立たせたい時に踏むそうです。
上手く調節する事で、音量は変えずに音質だけを変化させることができます。
1つだけ踏む時と聴き比べてみると、
2つを同時に踏むことで音に奥行きが出て深みが増したように感じました。

組み合わせ次第で何通りもの音を作ることができるので、
どこまでも音作りの研究ができますね!
ますます面白くなってきました!次回も引き続き、BOSSのエフェクターについてお話を伺いたいと思います!

Archive

Latest Entries

イタリア出身のロックバンド「Måneskin」特集!
アーティスト特集
electro-harmonix/PITCH FORK
エフェクター紹介
“世界のCornelius”。小山田圭吾特集!
アーティスト特集
我らがベースヒーローひなっちこと、日向秀和(ひなたひでかず)特集!
アーティスト特集
BOSSのコンパクトエフェクター
メーカー紹介