会員登録

エフェクター始めるならこれ!初心者におすすめしたいエフェクター7選

エフェクター入門

楽器を始めてバンドを組んでライブしていきたいけど、「え、エフェクター?何買えば良いか分からないよ〜!」というそこのあなたのために、
これさえあればライブをするのに恥ずかしくない音が出せるよというエフェクターを7機種紹介します!

1.Ibanez “Tubescreamer Overdrive Pro TS808”

Ibanez Tube Screamer
さてさて最初のエフェクターはオーバードライブの王道、チューブスクリーマーです。
こちらのエフェクターはライブハウスによくあるFenderアンプにつないで歪みを作っていくのも良し、Marshallにつないでソロを弾く時のブースターに使うのも良しのさまざまな用途に合わせて使うことができる優れものです!

Ibanez “Tubescreamer Overdrive Pro TS808”

使用ギタリスト : Eric ClaptonStevie Ray Vaughan奥田民生

2.BOSS “DS-1X Distortion”

BOSS DS-1X
続いてBOSSのディストーションペダルのこちらです。
ディストーションペダルというのは深い歪みを得られるものでして、激しめのロックやメタルなどをやる時に使うとバッチリハマるものです!主にアンプをクリーンに設定してそこから踏むのがが一般的な使い方です。
中でもこのペダルは何より音作りがしやすく初心者にうってつけのペダルと言えます!
ちなみに前の機種にDS-1があり、この機種をさらに色々な弾き方・ジャンルに対応できるよう現代的にブラッシュアップしたものがこのDS-1Xです!

BOSS “DS-1X Distortion”

使用ギタリスト : Kurt CobainJoe Satorianihide(DS-1を含む)

3.BOSS “BD-2W Blues Driver”

BOSS BD-2W
こちらもBOSSの歪みペダルです。
上で紹介してきたTS808、DS-1Xと何が違うのかというとズバリ“表現力”です。
この“表現力”というのは演奏のピッキングの強弱に反応してくれることであり、つまり上達してきた時におすすめしたいペダルなのです。
1995年発売の前機種であるBD-2は数多くの改造製品が生み出されている事が特徴で、その事実の通り音が細くなるという弱点がありました。
ですがこのBD-2Wは公式にその弱点を乗り越えさらに良い音になって帰ってきたペダルであり、その他の改造製品より安い価格で手にいれることができます。

BOSS “BD-2W Blues Driver”

使用ギタリスト : Kurt Cobain田渕ひさ子生形真一(BD-2を含む)

4.BOSS “CE-2W Chorus”

BOSS CE-2W
またまたBOSSの製品からコーラスペダルの紹介です。
クリーンの音にかけてアルペジオでコードを弾くだけで一気に大人の雰囲気を醸し出せます!歪んだ音にかけて音のエグさを出すのもいいですね。
そしてこの製品はCE-1、CE-2というコーラスペダル黎明期の伝説の2つのビンテージペダルの音が再現されており、1台で往年のコーラスサウンドを充分に楽しむ事ができます。

BOSS “CE-2W Chorus”

使用ギタリスト : SUGIZOINORAN田渕ひさ子(CE-2を含む)

5.BOSS “DM-2W Delay”

BOSS DM-2W
こちらもBOSSの製品です!
ディレイというのは音をやまびこのように返って来させる事ができるエフェクターで、音に広がり・奥行きを出す事ができます。
ソロの時にかけて派手さを出すのも良し、クリーンな音に上で紹介したコーラスペダルと併用して弾くとかなり幻想的な音になります!
このエフェクターはアナログ回路で出来ており、前機種DM-2の頃からよく「音に暖かみがある」と形容されています。
そしてこのDM-2Wでは更にカオスなサウンドも表現できるようになり、使い勝手も向上したペダルです。

BOSS “DM-2W Delay”

使用ギタリスト : SUGIZO奥田民生生形真一(DM-2を含む)

6.VOX “V847-A”

VOX V847-A
VOXのワウペダルです!
こいつをリズムに合わせて踏めばソロはさらにかっこよく、バッキング時にだんだん踏み込むように弾けば抑揚が簡単につけられたりと楽曲をさらに彩る事ができるペダルです!
世界初のワウペダルを生み出したVOXのこのペダルをあなたも体感してみてはいかかでしょうか?

使用ギタリスト : Eric ClaptonJimi Hendrixhide

7.BOSS “GT-1”

BOSS GT-1
数々紹介してきたBOSSからマルチエフェクターを紹介します!
マルチエフェクターとはいままで紹介してきたオーバードライブ、ディストーション、コーラス、ディレイ、ワウが一個に入ったものです!(ちなみに、今まで紹介してきたエフェクターをコンパクトエフェクターと言います。)
また、多くのプロギタリストに愛用されたGTシリーズの系譜、GT-10、GT-100と同様に大抵のエフェクト、アンプのシュミレートされたものが入っている事にプラスしてこの機種は小さく・軽く・安いのが最大の特徴です。

ですが難点がひとつ、それは設定の仕方がコンパクトエフェクターより難しいのです!
なので機械に強い方、説明書と格闘しながら操作ができる方にはおすすめです!

使用ギタリスト : 町屋(和楽器バンド)、SUGIZO、Jack Thammarat(GTシリーズを含む)

まとめ

さあ、エフェクター始めるならこれ! 初心者におすすめしたいエフェクター!!紹介してきましたがいかがでしたか!?
この7機種のどれかを買っておけば間違いがないと胸を張って言えます!
この記事がみなさんの今後の音楽ライフに 少しでも役立つ事を祈っています!

Archive